本文へスキップ

セント・ルカ産婦人科では不妊治療と一般婦人科疾患(お産以外の女性疾患)の診療を行っています。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL:097-547-1234

(電話受付時間:月・水・金曜日 14:00〜17:00)
〒870-0823 大分県大分市東大道1-4-5

着床前胚異数性検査(PGT-A:Preimplantation genetic testing for aneuploidy

当院は「日本産科婦人科学会PGT-A特別臨床研究」の
研究分担施設として認定された参加施設です

PGT-Aとは

PGT-Aとは、体外受精で採取し胚盤胞に発育した受精卵の一部から染色体の本数を調べる検査です。
人の染色体数は46本ですが、形態良好な胚盤胞へ発育した受精卵であってもある程度の割合で染色体の数的異常があることが知られており、着床しない原因や流産の原因となります。
そこで、受精卵の一部の細胞を採取し、染色体の数的異常を調べ、過不足の無い受精卵を移植することによって着床率を上げ、流産率を減らすことが可能かを調べる目的で臨床研究として実施されることになりました。


染色体の検査方法

胚盤胞から採取した細胞は5から10細胞程と少なく、このままでは検査ができません。
まず最初に細胞に 含まれるDNAを検査できる状態へ増幅します(全ゲノム増幅)。
その後、増幅させたDNAを次世代シーケンサーという機器を用いて解析することで染色体数の過不足を調べます。



日本におけるPGT-Aの成績

日本ではこれまで倫理的側面からPGT-Aは禁止されてきました。
しかし、次世代シーケンサーなどの 解析方法が新たに開発され、海外で妊娠率の向上、流産率の低下が報告されるようになり、 日本国内に おいても高齢患者さんの増加や原因が分からずに 流産を繰り返す患者さんが多くいる現状を鑑み、2017年より日本産科婦人科学会主導のもと、当院を含む国内4施設においてPGT-Aのパイロット試験が実施されました。



PGT-Aのメリット・デメリット

メリット
・染色体数が正常の受精卵を移植することで妊娠率の向上が期待でき、
 何度も胚移植を繰り返すことを回避できる。
・染色体数の過不足が原因で起こる流産を回避できる。

デメリット
・胚盤胞から数細胞を採取することで受精卵へダメージを与える可能性がある。
・診断の精度は100%ではない為妊娠の可能性がある胚を廃棄することが考えられる。
・検査結果によっては正常か異常か明確に判断ができない場合がある。

PGT-A特別臨床研究について

パイロット試験の結果をふまえ、2020年1月より日本産科婦人科学会により
PGT-A特別臨床研究が開始となりました。
当院も研究分担施設として認定され、参加しています。

<対象者>

  • 反復体外受精不成功の方
    体外受精胚移植を実施しており、直近の胚移植で2回以上連続して臨床的妊娠
    *1が成立していない
    *1臨床的妊娠とは・・・胎嚢(赤ちゃんの入った袋)が見えた妊娠
  • 習慣流産の方
    直近の妊娠で臨床的流産
    *2を2回以上反復し、流産時の臨床情報が得られている
    *2臨床的流産とは・・・胎嚢(赤ちゃんの入った袋)が見えた後の流産

*上記以外にも条件があり、除外基準に当てはまる場合は対象となりません。

PGT-A実施までに必要な事

必要事項全てを行い、PGT-Aを希望する場合は同意書を提出していただき、
PGT-Aの体外受精のための排卵誘発を開始します。

ご夫婦のいずれかに染色体構造異常を有する場合や遺伝性疾患を有する場合、
本臨床研究とは 別の申請が日本産科婦人科学会へ必要となります。
詳しくは個別に受付へご相談ください。


セント・ルカ産婦人科セント・ルカ産婦人科

〒870-0823
大分県大分市東大道1-4-5
[大分駅上野の森口より徒歩2分]
TEL:097-547-1234
FAX:097-547-1221
メール:st-luke@oct-net.ne.jp